FC2ブログ

海外旅行、トラブル発生もあり。

  16, 2017 09:15
今までスペインの街を旅して来て、毎回思うのが、「ホントにとても良かった」です。

イタリアから初めてのヨーロッパ旅行は、サンセバスチャンやビルバオ、パンプローナのバスク地方でした。
それから、バルセロナ。
今回がマヨルカ島。

スペインでは、みんな親切で、イタリア人よりは控えめで、フランス人よりは愛想があって。(笑)

料理も美味しくて、安くて。
ただ、スペインは、ヨーロッパの中国みたいだと言われていて、土壌は良くないのだそうです。
そのせいか、スペイン産は安く、私も普段のお買い物では、なるべくフランス産か、イタリア産を選ぶようにしています。
だけど、旅行中はそんな事も考える事なく、楽しみます。


ラテン系の彼らは、色使いも上手で、イタリア人やフランス人のセンスとはまた違ったセンスで、おしゃれ。
建物は、スペインの建物が一番好き。


山に囲まれている環境と全く反対のマヨルカ島は、とても癒されました。


201711151628287e7.jpg


20171115162757562.jpg


201711151627198da.jpg

左の雲、お魚に見えませんか?


2017111516273854b.jpg

コーラボトルがいっぱい。


20171115162756b33.jpg


201711151910426d2.jpg


201711151910475f8.jpg


2017111516270642f.jpg


20171116180427455.jpg


201711160034593e2.jpg


201711151627526bf.jpg


2017111519101067e.jpg


20171115162830b89.jpg


2017111516283475f.jpg

空がいつもきれい。





ただ、旅行中のトラベルは、知らない異国で過ごすので、言葉の壁や文化の違いなどから起こることは珍しいことではありません。
あとは、被害にあうようなトラブルだったり…

実は、私たちも今回そんな経験をしました。



事前に予約した、レンタカー。
スムーズに街に…と思っていたのに、同時に加入した車の保険の件でトラブル発生…

4日間で15ユーロだったはずが、ほぼ10倍の144ユーロの支払いになっていて…
納得がいかず、1時間カウンターで粘ったけど、保険は別の管轄(事前に予約したサイトの会社)らしく、そのサイトからキャンセルしないとレンタカーのカウンターでは何もできないと。

カウンターで言われたのは、ドライバーとクレジットカードの持ち主が違うから、金額が違うとのこと。
ドライバーは旦那さんで、クレジットカードは私の名前で予約したから。


どうにかキャンセルできるように粘ったけど、サイトでは受け取り当日で、キャンセルの手続きが出来ず…
今から考えると、もしそのまま断固として拒否していたら、この無駄な出費は回避できたかもしれない…


自分たちの車でヨーロッパ旅行はあっても、レンタカーは実は初めて。
こういうルールだからか…とも思ったし、空港に着いた早々のトラブルでもあったので、もう早く旅をスタートしたかったので、諦めました。

帰って来てから、お友達は「ちゃんとサイトで15ユーロ表示されているし、こんな請求は今まで聞いた事ない!ありえない!」と。

せっかくの旅行滞在中も、予約サイトの会社に事情を説明し、必要以上の請求の返金をしてもらうようにメールをしたりしたけど、そこからの返事は「確かに15ユーロだった。でも、レンタカーオフィスでオプションを付けたから、実際の金額は異なる。支払いの同意のサインを済ませているから、返金はできない。」と回答。
オプションなんてつけた覚えないが無いので、再度メールをしてみるのだけど、、もう自動で返信できるように設定されていて、「返金しないという姿勢は変わることがない」という内容。

ホント、最悪(笑)

なんだか一体何が原因でそうなったのか、未だによく分からないし、スッキリしないままだけど、でも、これからはレンタカーを借りる際、保険に関してはもっと慎重にしたほうがいいと学習したと思って、かなりの高い学費だったけど、それでもういいや…と考えない事にしました。(笑)
保険は、当日カウンターで申し込むこともできるので、その方がいいかもしれません。

マヨルカ島では、レンタカーはとても便利で、空港での受け取りなど、すごくスムーズです。
レンタカー会社がたくさんあって、空港の近くまで行くと、レンタカーの返却するための道があって、スムーズにレンタカー専用のパーキングに行けます。
私たちが保険でトラブルが無ければ、ホント完璧だったのですが、今回の件は、私たちがアンラッキーだったのかもしれません。

とにかく今は、何より無事に事故なく帰ってこれたお守りだったと思って、もう考えない、考えない。



あとは、トラブルというより、笑い話。

キッチン付きアパートホテルに滞在していたのですが、綺麗でスッキリした部屋で、なかなか快適だったのですが、キッチンのコンロが全然熱くならない。
2箇所フライパンなどを加熱できるコンロに対して、3つのつまみが付いていて、それぞれのつまみの種類や火力を示す数字や印などが剥げて、全く分からない。

料理男子の旦那さんが色々試して、すぐ分かったのは、3つ付いているつまみの内の一つはタイマーで、どうもそのタイマーも同時に機能させないと加熱しないという事。
そこからが時間掛かった…
10分以上フライパンを加熱し続けても、ぬるいままで、全然熱くならず…
パスタ用のお湯も、もちろん、沸かない…

つまみをぐるぐる回して色々試すけど、全然ダメで、さすがにイライラし始めた、旦那さん。
美味しいご飯作ってもらわないと!…と思って、急いでフロントに駆け込む私でした。(笑)


原因、わかりました。
タイマーのつまみは左回りに対して、加熱のつまみは右回り…


シャワーのレバーも、そんな感じ。
洗面台のレバーは、左がお湯に対して、シャワーは右。
お風呂大好き怪獣くんたち、そそくさと喜んで裸ん坊になって待っていたのですが、一向に熱くならないので、まさか…と思ってレバーの向きを変えたら、やっとお湯に。

もうちょっと、ルール統一してくださいな。(笑)
それか、分かるように印などが付けておくれ。

なかなか、使いこなすのに、頭の体操をさせられましたが、ま、これも海外旅行の面白い一面だと思って、帰って来てからの笑い話。


子連れ旅行で、トラブルが発生すると、ホント大変。
でも、無事に元気に帰ってこれれば、私たちの経験値が少し上がったと思う事にします。
もちろん、無い方が断然いいけれど…(笑)




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ



Comment 0

What's new?