FC2ブログ

シリアルのある、ヘルシーな暮らし ☆ ビーガンシリアルクッキー

  05, 2017 10:44
フランスのお菓子は、イタリアに比べて、バリエーションが少ない。
チョコ味やチョココーティングが基本多くて…
あと、バター味。
さすが、フランス。

イタリアは、バターよりオリーブオイル。
お菓子も、もっと軽いモノが多いです。
全粒粉やオートミールで出来たお菓子もいっぱいあったり…
いつも、イタリアに行くと、スーパーでお菓子の買いだめします。(笑)


我が家の子供達も、やっぱり、フランス育ち。
チョコ大好き。


でも、同じチョコ味食べるなら…と、スーパーのシリアルコーナーでおやつを探します。


201711051642002cf.jpg

そのまま食べたり、ヨーグルトや牛乳と一緒に食べたりするほうがいい。



シリアルコーナーは好きで、グラノーラやミューズリーも色々買っています。
ナッツがたくさん入っているモノ、ドライフルーツがたくさん入っているモノ、色々な種類があって。


この間のはスイスのブランドのミューズリー。
ブルーベリー、そして、コクの実まで入っていました。


20171105164155042.jpg



子供達でだけでなく、旦那さんもよくヨーグルト食べるので、
グラノーラやミューズリー、常にお家に置いてあります。


20171105164201a9c.jpg

アイスと一緒に食べても、おいしい。



これは私のおやつ。

20171105164240265.jpg



ソフトタイプのドライフルーツをミキサーにかけて、ミューズリーを混ぜて、ギュッとまとめただけ。
これで食物繊維、亜鉛、カルシウムなどを補います。


*****



まだバカンス中ということで、お兄ちゃんの幼馴染が遊びにきました。


20171105164248cba.jpg

相変わらず、とても大きな元気っ子。
隣の弟くん、めちゃ小さくなってしまったみたい(笑)



お昼ご飯食べて…

そのあとは、
みんなでお家にあるミューズリーを使って、おやつ作り。


作ったのは、veganなシリアルクッキー。


20171105164249bf8.jpg



ビーガンだけあって、バター・卵・牛乳などの動物生のモノは一切なし。
でも、おいしい。
しかも、作り方、簡単で、レシピも結構即席でできたのだけど…(笑)


小麦粉 125g
ベーキングパウダー 小さじ1
ミューズリー 1カップ
チョコ 100g (板チョコをザクザク切っておくだけ)
ナッツ 大3〜 (ミキサーでザクザクと大きめに切ってok)
黒砂糖 大4〜
オイル 大5〜
水 大5〜


小麦粉+B.P.は、ボールに入れて泡立器で混ぜ混ぜします。
その後に、全部を同じくボールに入れて、スプーンやゴムベラで混ぜます。
生地が軽くまとまったら、手で軽く小さい丸めて、クッキングシートの上に置いて、フォークで押しつぶして。
160度のオーブンで18〜20分。

スプーンで計って入れるものは多少増えてもok。
ただ、水は生地がまとまって、成形しやすい固さまで調整して入れてください。
手でぎゅっと握って団子になればok。ベトベトにしないでください。


20171105164241f6c.jpg



同じチョコ入りだけど、ミネラル、食物繊維多いから、こっちの方がキッズたちのおやつにおすすめ。



*****


お家にミューズリーも常備食に仲間入りはいかがですか?


国産ばかりの穀物で出来た、ニッポンのミューズリー。
香料・防腐剤など、一切無添加も、すごく嬉しい。
私もホントにすごく気になる!

↓↓↓






オランダのミューズリー。
全部有機のモノだけで出来ています。
ナッツやドライフルーツも豊富。

ただ、そば粉が含まれているみたいなので、アレルギーをお持ちの方はお注意ください。

↓↓↓






フランスのミューズリー。
有機シリアル、イチジク、プルーン、アーモンドなど。
塩、砂糖は使用していない、フルーツ・ナッツ含有量52%の有機JAS認定食品。

↓↓↓






ヘルシー&健康的なLife、心がけたいです。
apron


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村



Comment 0

What's new?